放送大学は通信制なので友達ができないんじゃないか?または彼女/彼氏ができないんじゃないか?

そんな心配をする人もいるかもしれません。

しかし放送大学は高校のように拘束される場所がないことから実は素晴らしい出会いが無限にあるのです。

まず自身の経験について語ります。

 

・地域のスポーツや文化サークル

自分は自分で卓球のサークルを作って中学生を中心に教えていました。高校生も中学からの同級生が参加してくれたり大人の人も来ていたので。

 

・バイト

個人的にはバイトをしていなのでわからないのですが、放送大学に入ればバイトも大学生並みかそれ以上に取れます。バイトで友達ができたり恋愛に発展することは全然あると思うのでそこでの出会いも期待できます。

 

・インカレサークル・学生団体

大学の垣根を超えた活動を行うのが上記の団体です。大学生なので一番若ければ18歳くらいで年齢の差がそこまでないのでご飯を食べに行ったりイベントに参加したりと普通の大学生みたいな感じです。

 

・シェアハウス

自分はシェアハウスを実際にやったことはないのですが、東京に行くときにホステルというところによく泊まります。

1泊200円くらいで6人部屋2段ベットくらいが基本的なのですが海外から来た観光客なども多くそこで盛り上がったこともあります。シェアハウスなどならもっと親密な友達になるのかなと思います。

 

・留学

去年デンマークにあるフォルケホイスコーレという学校に留学しました。世界中から集まった国際色豊かな生徒は16歳から19歳まで限定なのでみんな年齢が近く、かけがえのない友達になりました。

近頃格安として人気のフィリピン留学に負けづ劣らず全部込みで月10万くらいですし、なにしろ放送大学に入ったおかげで学費が浮いたので自分でも行けました。

 

・無回転卓球の普及活動

自分は中学校のときに卓球部だった関係で「年齢や経験差にかかわらず誰でも楽しめるスポーツ」アイディアを持っていました。

放送大学に入ってからこの普及活動を続けていて、大会を開いたりイベントをやっています。その中で参加者の方や協力してくれる方などたくさんの人に出会いそれがとても刺激的で楽しいです。

 

・放送大学でのサークル

今まで放送大学以外の機会を見てきましたが放送大学にもスポーツから文科系まで幅広いサークルがあります。

放送大学は大人の人が圧倒的に多いので同年齢の人には会えないかもしれませんが、逆に幅広い年代の人と会うことがとてもいい人生勉強になります。

個人的には若者の集いという20代30代の放送大学でいうと比較的若い人が集まるサークルに入っていました。

テスト前は一緒に勉強をしたりご飯を食べに行ったりと楽しいです。

放送大学に社会人になってわざわざ入ってくる人たちは圧倒的に「学ぶのが好きな人」なのでだるさを押し殺して勉強している普通の学校の生徒と比較にならないくらい教養に富んでいて話していてとても興味深いです。

 

・放送大学面接授業

放送大学は実際に学習センターで講義を受ける面接授業というものがあります。

基本はテレビで見るところをわざわざオフラインでやるわけですからグループワークやペア学習があるものが多いです。

そうすると授業中に意気投合して連絡先交換するなんてこともあるわけです。

 

 

 

高校に行ったって基本は授業を受けているわけですから友達と喋れる休み時間はそれほどありません。

放送大学ならやろうと思えば1日1時間の勉強以外すべての時間を友達と過ごす時間に使えるのです。

もちろん学校にいって席に座って授業を受けるわけではないので家にずっといればもちろん出会いはありません。

しかし逆にいろんな機械を使って普通の学生以上に出会いを作ることもできるのです。

放送大学はあくまでも勉強のためであり、友達はそれ以外で作るのがいいかもしれません。