米Twitterの2016年第1四半期決算は投資家を失望させるものだった。この時期まで、Twitterは定期的に卓球台を購入していたが、

それが突然途絶えた。

 

低迷を続ける米Yahoo!からの注文は「長い間ない」状態。

 

1万2000人のリストラを発表したばかりの米Intelも、

やはり1年以上卓球台を購入していない。

 

一方、市場予測をやや下回ったとはいえ、十分な売上と利益を確保しているAlphabet(米Googleの親会社)は

卓球台を山のように買っているそうです。

 

カリフォルニア州の販売店店主は、卓球台の売り上げは、2016年第1四半期には前年比で50%減少したという。同じ期間に、ベンチャー企業の資金調達は25%減少し、NASDAQの株価指数は1年以上ぶりの安値を記録した。