無回転卓球 公式サイト

卓球の可能性を広げよう!

 

無回転卓球は未経験者でもすぐに上達でき、ラリーが何球も続く「新しい卓球」です。

 

まだ競技人口も少ないため誰でもチャンピオンを狙えます。

 

認知症・介護予防やダイエット、学力向上などの効果もあります。

 

イベントやサークルでの交流による思わぬ出会い「セレンディピティ」を実感してください。

無回転卓球の大会を開催する主催者を募集しています。

これまで大会に参加してくださった方への呼びかけなどの集客支援、

そして当日の運営についてもノウハウを提供します。

 

Nonspinはオフィスで無回転卓球を導入する取り組みを応援します。

無回転卓球によってそこでコミュニケーションが生まれ、そして人間関係がよくなっていく。

そんな素晴らしい変化を、あなたの会社でも創りませんか?

卓球は職場環境の改善にとどまらず、企業業績とも相関性があることが

ウォールストリートジャーナルによって発表されています。

さあ、あなたの会社にも無回転卓球を!

 

無回転卓球では普通の卓球台より一回り小さいミニ卓球台を考案しました。

動く範囲が狭いので車いすや椅子に座っても十分楽しめます。

卓球は介護や認知症予防、脳梗塞にも効果があることが

イギリスのBBCや脳神経外科医の調査で明らかになっています。

さらに無回転卓球なら高齢者の方でも上達に時間がかからないのですぐに楽しめます。

 

フエルトを使った超軽量「次世代型」無回転卓球ラケットを販売開始しました。

フエルトラバーの5ミリという厚みにより高い安定性を実現。

ラケットも弾みを抑えた低反発ラケットを開発しました。

さらにラリーが続きます。

7月15日に大久保スポーツプラザで無回転卓球のJAPAN CUPを開催しました。

大会には中学1年生から上は60代の方まで幅広い世代の方が参加してくださいました。

無回転卓球で試合をし初対面同士でもほぐれてきたら、

大会後は近くのレストランで懇親会をしました。

 

メールマガジンに登録すると、大会やイベント情報などを随時お送りします。

ぜひご登録ください。

世界最大の社会起業家ネットワークであるアショカの

ユースベンチャラーに認定されました。

日本、そして世界に広がるベンチャラーと刺激しあい、高めあうことで

無回転卓球の活動をさらに加速させていきます。

 

5月31日に幕張で「全日本 無回転卓球選手権」を開催しました。

大会には参加者のほか体験にも多くの方が参加してくれ、大盛況でした。

また今回はスペシャルゲストとしてアテネオリンピック日本代表の新井周選手にお越しいただき、

参加者と無回転卓球で対決しました。

3名の参加者が新井選手に勝つという驚きの展開になり、大いに盛り上がりました。 

3月31日に南伊豆中学校で第一回大会を開催しました。

地元の長田建設工業さんに協賛金をいただいたおかげで

全員に豪華参加賞と入賞者にはトロフィーを贈呈しました。

当日はミニ台の公開も行い実際に試合で使用しました。

旅館や介護施設の方からは「これなら置けるかもしれない」という声をいただき

ミニ台による無回転卓球の普及も期待できそうです。

Nonspin 世界無回転卓球協会の会員を募集中です。

ラケットやラバーが会員価格になるほか、大会・イベントへの

参加料が会員割引になるなど

特典がいっぱいです。

全日本・世界選手権への出場権も得られます。

初代王者を目指す方は会員登録を。

無回転卓球はその手軽さと健康へのメリットから今まで卓球に縁のなかった一般層も巻き込み

これから競技人口の爆発的な増加が見込まれます。

卓球の市場に今から参入するのは難しいかもしれませんが

無回転卓球なら今からでも決して遅くはありません。

企業のイメージアップも兼ね

皆様のご支援・ご参加をお待ちしております。

「みんなの夢アワード in 南伊豆」でグランプリに輝きました。

無回転卓球で介護・認知症予防を促進することで自治体の財政支出の抑制をめざします。

無回転卓球のもう一つの可能性に挑戦していきます。

12月23日に渋谷で「無回転卓球グランドファイナル」を開催しました。

会場になったのはT4 TOKYOのVIPルームです。

選ばれし8名の選手が、激戦を繰り広げました。

ラリーが続き応援もあったおかげで大会は大いに盛り上がりました。

つい最近卓球を始めた方が経験者に勝つなど、下克上が見られた試合でもありました。